認知能力強化教材 Instrumental Enrichment (IE)

Screen Shot 2016-08-13 at 6.11.37 PM.jpg

Just a Moment …  Let me think

「ちょっとまって 考えさせて」

フォイヤーシュタインの認知能力強化教材Instrumental Enrichment は、学習につまずいている人、もっと自分の力を伸ばしたい人(年齢は関係ありません)ーそんな人たちに対し、認知、情緒の両面に働きかけ、「学ぶ力」を育てる教材です。媒介者は、IE というInstrument 「道具」を使って、「学び」を実生活に結びつけ、学習者が「変わる」ように導きます。

*IE スタンダードは14教材、IE ベーシックは11教材あります。スタンダードは小学校1年くらい以上〜大人が対象、ベーシックは幼児もしくはスタンダード教材が難しい学習者対象ですが、強めたい認知機能に合わせ、年齢に関係なく教材を使います。IE スタンダードは、認知機能促進に適した順番に開発された教材で、IEベーシックは、スタンダードにはない「情緒」を扱う教材が入っています。スタンダード、ベーシックどちらも、絵、図形、言語、記号など様々な表現様式が用いられているのが特徴で、学習者が得意な様式、苦手な様式を見極めながら指導します。

IE Standard I(4教材)

点群の組織化 Organization of Dots:一般的な点つなぎ教材と全くちがいます。情報をバラバラにしか見ない学習者は、他に見えているものや以前の経験と結びつけることをしないで、目についたものにとらわれ衝動的に反応します。この教材は、世の中の物や出来事には「関連性」があることに気づかせる教材です。同時に「衝動性を抑える」ことを目的にしています。

空間定位I Orientation in Space I :  「前後左右」の空間認知を強めます。同時に、自己中心的な考えをなくすように働きかけ、客観的に物をとらえられるようします。そして、抽象的思考の発達に不可欠な「表象的思考」を育てます。

比較 Comparison :  「比較」は、論理的思考の基盤です。比較しようという気持ちがないと、情報はバラバラのままで分類もできません。この教材では「比較しよう」という気持ちを育て、同じ基準を用いて比較することを学びます。

分析的知覚 Analytic Perception: 「木を見て森を見ず」あるいは「森を見て木を見ず」の学習者がいます。分析的に見る力、全体を見る力、どちらも大切です。この教材では「部分」と「全体」の関係を理解し、いつどのような場合、細部に焦点を当てるべきか、全体をとらえるべきかを学びます。

IE Standard II 

分類 Categorization : 「分類」は情報を整理するのに大切な認知能力で、記憶したり、論理的に考えるのに欠かせない力です。単に分類するだけでなく、基準を変えて「再分類」することを学びます。

時間関係 Temporal Relations:「いま、ここ」のことのみ考える傾向がある学習者は、「因果関係」を考えることが苦手です。時間の概念を使って、自分の経験を時系列に並べたり語ろうという気持ちを育てます。

家族関係 Family Relations: 家系図を使って、階層的、対称的、非対称的などの抽象的な関係を学びます。同時に、記号が表すものが何かも学びます。

イラスト Illustration: 4コマ漫画のような絵を見て、どんな話か、どんな因果関係があるか考えます。絵の細部にわたるまで目を向けさせ、表情などにも注意を払い、登場人物の感情も推察させます。

指示 Instructions: 説明文をもとに図を書いたり、逆に図を見て説明文を作ります。decoding (解読)encoding (記号化)を強化し、明確なコミュニケーション能力を育てます。