フォイヤーシュタイン博士について

1950年代の半ば、イスラエルには戦争の悲劇を体験した孤児達が陸続と移民してきました。

ジュネーヴ大学のピアジェの下で認知発達の研究をしていた若き日のフォイヤーシュタインは、この子供たちの教育のために招かれました。彼の目の前には問題行動をおこす子ども、知的障害を持つと判定された子どもたちが群がっていました。

標準知能テストの結果はたしかに遅滞児と判定されてしかるべきものだったのです。しかし、不幸な戦争の悲惨のなかで両親・家庭・文化を奪われた彼らの目は「遅滞児」というレッテルに疑問を抱かせる光をもっていました。

知能は静的で一生変化しないもの、という考えにフォイヤーシュタインは疑問を抱きました。「どんな知能テストであっても、文化の要素を持たないテストはない」そう考えたフォイヤーシュタインはこの子どもたちに思考プロセスを教え、奪われた文化、認知機能を復活させる介入を行いました。そして再度標準知能テストを行いました。一様の知能テストを示していたはずの子供たちの指数が大きくばらつきました。

教師の働きかけによって認知構造が変容することを証明した最初の体験でした。

そしてこの働きかけを媒介(mediation)と呼び、認知構造の発達には大人・人の働きかけが必須であるという理論をうちたてます。それが媒介学習体験( Mediated Learning Experience)です。

大人と子供、教師と生徒との関わり合いはすべて媒介ではないか、という疑問が生まれますが、フォイヤーシュタインは、媒介を「認知体系に影響を与え、より高い水準の変容をもたらす性質をもつもの」と定義しています。

熱いものに触ろうとする子供に「だめ、あぶない!」と阻止するだけの働きかけは「媒介」の性質をもちません。なぜだめなのかを明確にし、同じような状況に直面したときに子供が危険を予測できるような働きかけを「媒介」と呼びます

学習体験がどのように行われたか、それが媒介学習の質を決定します。

大人と子供、あるいは教師と生徒などの相互関係を媒介学習体験と呼ぶためには11の本質的な特質が必要である、とフォイヤーシュタンは述べています。そのなかでも次の3つは必須のものです。

広告